Initial

あれも、これも、それも、どれでも...初めてだからおもしろい

ありえない大統領令!トランプ大統領がもたらす世界の混乱【1/30時点】

f:id:dmap:20170130102624j:plain

引用:ネイバーまとめ

 

トランプ大統領就任から、一週間が経ちました。

話題性・批判などで、今や誰もが知っているニュースではないでしょうか。

政治が詳しくない方も、興味がない方も、人ごとではなくなってきてます。

アメリカにいる日本人の方にも影響が出て、日本国内にも影響が出てきます。

全くもって、恐ろしい気持ちでいっぱいです。

 

 

そんな、世間から批判まみれのトランプ大統領ですが、

最近のトランプの行動・政治とはいわゆるどんなものなのか調べてみました。

 

 

 

 

f:id:dmap:20170130103151j:plain

引用:ネイバーまとめ

トランプ大統領の大統領令の発令

7カ国の280人超に対して一時入国拒否

 

おいおい!マジかよ!

 

先週、27日に発令された大統領令ですが、これってつまりどういうことかというと。

 

イラクなどのイスラム国7カ国の人は90日間の入国禁止措置

・全ての国が対象となる難民受け入れは120日間の入国禁止措置

 

こちらをほぼほぼ強行で大統領発令として禁止措置を打ち出しました。

この影響により世界の空港で、第混乱が生じました。

 

アメリカ入国ビザを取得済みの2人のイラク人難民が一時拘束される。

この男性は、アメリカ政府機関で働いていたにも関わらず入国を強制拒否された。

 

 

被害にあった方のコメント

入国拒否されたイラク人男性がコメントしている。

「私は、特別なビザを持っていて、アメリカ政府のために働いてきた!!」

「でも、犯罪者でもないのに悪いことをしたかのように扱われた!

信じらんねぇ!

 

いや、そりゃ驚くわ!!もう人種差別だろこれ。。。

 

 

 

エジプトでも搭乗拒否があったようです。

こちらの方もアメリカ入国のビザを持っていたにも関わらず、ニューヨーク行きの搭乗を拒否されていたようです。

 

ニューヨーク行きに拒否された男性とその家族

『どうしたらいいんだろうか....』

『家を売り、仕事を辞め、子供は学校まで辞めたのに....』

 

正式な入国て手続きをしているにも関わらず

無差別に指定の国の難民と判断され入国拒否。

これが現在のアメリカです。信じられないですね。

 

空港や、アクセスで、アメリカ入国直前で入国拒否された方は280人を超える

みたいで、大混乱になっています。

 

 

 

 

f:id:dmap:20170130103238j:plain

引用:ネイバーまとめ

 

トランプ大統領は。。。

今回のこの混乱を起こした大統領令ですが、そもそも、

イスラム教徒への排斥ではないかと言われています。

トランプ大統領はこの件について問われると、

 

イスラム教徒への排斥ではないし、

準備されていた正式なことで、効果も出ているじゃないか。』

 

とコメントしています。

 

現地の空港では、何百人もの方が反対運動をしており

そもそもこんなやり方では、混乱が起こるに決まっているのに

そんなことは完全無視で、世界から痛烈な批判があるにも関わらず

自身の政策に自画自賛のコメントをしました。

 

現地で働いている日本人の方の同僚や、大学生の友達、研究者などの学者さん

色々な国の方がいらっしゃると思います。

いきなり、入国拒否。しかも、一時的なものとアメリカ政府は言う。

グリーンカードや永住権を持っていても、ある一部の国の国籍を持っている方に

対しては、入国させないみたいなことになっています。

 

さて、一つ疑問です。。

 

『一体何のために!?こんなことをするのか。』

・アメリカの治安回復のため?

・難民問題の先駆け?

・気まぐれ(とりあえず強制入国拒否しとけばいいやみたいなこと)

 

いずれにせよ、トランプ大統領は、このことについて

自画自賛していますが、何がメリット・デメリットだったのかをはっきり世界に

発信すべきだったと思います。根拠がないのでモヤモヤします。

 

専門家のコメントなどを調べると、

 

『アメリカの英知というの、色々の国の方の知恵と野望が作り上げたもの

で、そもそも移民の方の力がなければ成り立たないです。』とのこと。

 

確かに、アメリカ人っていろんな国の血が混ざってますもんね。

まあ、だからこそ、政治の世界でも、研究・学者の世界でも、スポーツの世界でも

様々な分野で最強になって来れたわけですし、、、

 

今回の大統領令ですが、そもそも大統領令とは何でしょうか?

それは、アメリカ政府の議会の承認を必要としない大統領独自の政策のことです。

しかも、今回に限らず就任してから様々な政策を10件以上打ち出しています。

要するにトランプ大統領個人がアメリカの政治を動かしているわけですね。

 

f:id:dmap:20170130103256j:plain

引用:ネイバーまとめ

批判殺到中

この政策に関して様々な国や、企業から批判が出ています。

 

フランス・ドイツ

『外相が、政策に対して懸念を表明』

ヨーロッパ諸国にも影響があります。

 

イラン外務省

『じゃあ、逆にアメリカ人の入国禁止を検討するよ!』と表明。

まあ、こうなっちゃいますよね。何というか

国家間同士のやりとりが子供の喧嘩みたいですね。

 

映画芸術アカデミー(アカデミー賞

『講義を声明します!!!』

映画界からも批判殺到。

 

グーグル

『影響を受ける社員が180人を超えます。』

グーグル社員には重要な国の研究者がいます。

どうするんですかね。

 

 

まとめ

で、まとめなのですがこの政策にはさすがに無理があるということで

ニューヨークの連邦裁判所が以下の決定決議案を出しました。

 

・今回の大統領令の効力を一部停止します!

・合法的な資格を持つ乗客の入国は認めます!

 

これで、少しはマシになってくれればいいですけど。

 しかしあまりにも、憲法違反すぎると大変な事態になっています。

このまま、トランプさんは大統領続けられるのでしょうかね〜。

政治に詳しくない僕でもわかりますが、これだけピークに批判を浴び続けると

話題性にのっとって戦争やテロ、大統領暗殺のような

事件になりかねないですよ!本当にシャレにならない。

巻き添え食って日本にミサイルでも落ちたらどうするつもりでしょう。

平和ボケしている我々日本人は、いきなり戦ってくれと言われても無理ですよ?

 

あー、僕は心配なのですよ。

今後も、このような話題に注目していきたいと思います。w

おしまい。